您当前的位置: 首页 > 金融

日本网民评论奥巴马没有和中国吵架的胆量

2018-12-14 01:19:05

日本民评论:奥巴马没有和中国吵架的胆量

オバマ米大統領の4カ国歴訪、狙いは「中国包囲網」の再確認―独メディア

德国媒体:美国总统奥巴马即将访问亚洲4国,目的是进一步确定“中国包围圈”

2014年4月17日、独ラジオ局ドイチェ ヴェレ中国語版サイトは、アジア4カ国を歴訪するオバマ米大統領の狙いは「中国包囲網の再確認」と指摘した。

オバマ大統領は今月23日から29日の日程で、日本、韓国、マレーシア、フィリピンの4カ国を歴訪する。オバマ大統領は過去に「アジア回帰」を宣言し、「リバランス」戦略を打ち出した。それは政治的戦略の重点をアジアに移し、同地域における軍事拠点と経済活動を強化することで中国を封じ込めるというものだ。今回、日本と韓国では主に北朝鮮の核放棄問題について話し合う見込み。さらに、環太平洋連携協定(TPP)では日本とマレーシアを取り込み、韓国やフィリピンの参加を促す方針だ。

点击图片 进入下一页

昨秋、アジア歴訪予定をキャンセルしたオバマ大統領。今回の訪問は、影響力を日増しに強めている中国を封じ込めるのが狙いだ。日本は尖閣問題で、韓国は北朝鮮の脅威で米国の軍事力に頼ろうとしている。マレーシアは米国の中国包囲網に必要な国であり、フィリピンは南シナ海の領有権を主張する中国に対抗するため、米国の強大な軍事力を必要としている。このため、米国はアジアにおける軍事力の見直しを迫られている。

2014年4月17日,据德国之声中文报道,即将访问亚洲4国的美国总统奥巴马的目的是进一步确认“中国包围圈”

奥巴马总统将从这个月23号至29号先后访问日本,韩国,马来西亚和菲律宾四国,奥巴马总统以前就宣布要回归亚洲,提出了“再平衡”战略,这标志着将战略的重点向亚洲转移,并且强化这地区的军事基地以及经济活动,旨在封锁中国,这次在日本和韩国主要围绕朝鲜放弃核武器问题展开磋商,另外,也会在环太平洋伙伴关系协议(TPP)方面获得日本和马来西亚的加入,此外也会促成韩国以及菲律宾的加入

原本去年秋天就会到访的奥巴马总统取消了当时的行程,这次的访问旨在封锁影响力与日俱增的中国。日本因为钓鱼岛问题,韩国因为朝鲜的威胁都依赖于美国的军事力量,马来西亚也是美国的“中国包围圈”的必要组成部分,菲律宾也因为南海的所有权归属与中国展开对抗,因此也需要美国强大的军事力量,因此美国重新评估在亚洲的军事力量已经迫在眉睫。

评论部分:

韓国は中国の属国ですが

期待できませんぜ

韩国是中国的属国。。。不要期望他们啊

工程车辆洗轮机
冲孔铝单板
红外线加热灯管
推荐阅读
图文聚焦